カテゴリ:::Paris '03-'04( 5 )

PAUL

b0046017_20321324.jpgおいしいパンがいっぱいのPAUL
昨日、“ハートリーフパイ・チョコがけ”(勝手に命名)を食べて思い出したこの写真。これは偶然通りかかったパリのお店ですが、初めて知ったのは2001年@ロンドンでした。
その頃英語もかなり微妙な私が、コベント・ガーデンにあるPAULのウィンドウに並んでいるタルトに見惚れていると、中のパティシエが冗談ぽく手招きをしてくれました(笑)。入ってみると、おいしそうなパンがいっぱい!たぶんかなり長い時間ウロウロしていたんでしょう。不意に「Are you Japanese?」と後ろから声を掛けられました。「Yes!」と答えながら振り向くと、その声の主はかわいらしい日本人女性の店員でした。その方がどのパンに何が入っているか丁寧に教えてくれたので、私は無事好きなパンを買うことができました◎ ちなみに、コベント・ガーデンのお店には奥にカフェもあり、食事もできます。

そうそう、パリではユーロスターの着く北駅にもお店がありましたよ!
[PR]
by tmyradio | 2006-01-12 21:06 | ::Paris '03-'04

Musée Picasso

December 2003

b0046017_17455366.jpg今日は、パリのピカソ美術館です。この美術館は、小さいけれどとても見応えのある美術館です。この時は、カルト・ミュゼ(美術館フリーパス)を持っていたので、こことポンピドゥーを何回も往復しました。
b0046017_17535142.jpgここはピカソの流れを感じられる場所で、その素朴な造りの建物の中を上に上ったり下に下りたりして、暖かい雰囲気の美術館です。
→のようなピカソが送った手紙やメモがたくさん残されていましたが、私はこのよく目にするピカソマーク(鼻)がすきです。いろんな形に、カラフルにアレンジされたそれらがとってもかわいらしく、このお部屋に一番長く居た気がします。パリのカフェで会ったイヴリーというバイオリニストも同じような(彼の場合はバイオリンをモチーフにした)サインを書いてくれたのを思い出します。
私が行った時はかなり空いていて、ゆっくりと見てまわることができました。1つの大きな館にピカソの魅力がいっぱいです。
b0046017_1844612.jpg

b0046017_18152123.jpg

Musée national Picasso

:: Hôtel Salé
 5, rue de Thorigny
:: Métro
 Saint-Paul
 Saint-Sébastien Froissart
 Chemin Vert
[PR]
by tmyradio | 2006-01-09 18:33 | ::Paris '03-'04

ランバダ???

パリのポンピドゥーで、衝撃を受けたこの展示物。

b0046017_0251079.jpgb0046017_0251678.jpg


この丸ピノキオは、実はゆ~っくりと回っています。
この部屋に入ってしばらくこの回転を眺めていると、どこからか男の人のひそひそ話し声が聞こえます。何だろう?と思ってしばらく聞いていると、鼻歌のようにも聞こえます。

で、その正体は、なんと ランバダ!

この丸ピノキオの中からおじさんの鼻歌ランバダが聞こえてくるのです。
その不気味さ。。。
この部屋からしばらく出ることができない程、ハマッてしまいました。

それはさておき、ポンピドゥーセンターはとっても楽しめる場所です。
なにより隣にある図書館がすごい!
私は予約してインターネットも使用したのですが、フランスのPCはキーボードのアルファベットの場所が違っていて、入力に時間がかかりました。
楽譜や画集・写真集など、芸術系の蔵書も充実しているようでした。
b0046017_03647.jpg
私が行った時は、コクトーの特別展がやっていました。
入口まで行ったのですが、「常設だけで充分」と自分に言い聞かせ、入るのはやめました。
だって、1Fに楽しめる展示物が盛り沢山だったのです。
本当に心躍る時間を過ごしました☆
[PR]
by tmyradio | 2005-09-25 00:49 | ::Paris '03-'04

Montmartre

February 2004

朝、ホテルの窓から外を眺めたら、なんと美しいこの景色。
モンマルトルの丘 サクレ・クール寺院も見えます。
    お天気が良くて本当に良かった。
b0046017_0535916.jpg
2004.2.22 6:34am   澄みきった空

†††

b0046017_054824.jpg
2004.2.22 6:58am   朝日が出た

[PR]
by tmyradio | 2005-05-23 01:05 | ::Paris '03-'04

Café Café Café

December 2003, February 2004

::Les Deux Magots   :6 place St Germain des prés
b0046017_12581226.jpg

b0046017_13352810.jpg渋谷Bunkamuraにある”マゴ”へ学生時代よく行っていたので、パリの本店へも是非!と思って一番初めに入ったcafeでした。サン・ジェルマン・デ・プレ教会のすぐそばにあるこのお店はお隣の「Café de Flore」と並んで、この界隈のランドマーク的存在。テラスに席を取り、BeerとOmeletteを頼み、Saladeを一緒に行った友人と取り分けました。ギャルソンの方と話していると、彼は渋谷へ研修で教えに行っていたことがあると言って、日本を懐かしがっていました。



::Café de Flore   :172 Boulevard Saint-Germain
b0046017_12584313.jpg

b0046017_13533388.jpg歴史的なcafeとしても有名な「カフェ・ド・フロール」。ここへは2,3度行きましたが、初めて一人で行った時、とっても楽しく不思議な出会いがありました。「ギャルソンにクリスマスプレゼントを渡す為だけにわざわざスイスから来ていた女性(全身毛皮でかなり目立っていた)」と「プロのバイオリニスト&オーケストラのバイオリニスト(師弟)」、そして私という何とも摩訶不思議な4人でクリスマス25日の午後、かなり長い時間をそこで過ごしました(笑) 良い思い出。



b0046017_12585469.jpg::Café Le Select
:Bd. du Montparnasse

サン・ジェルマン・デ・プレから少し歩いたモンパルナスのカフェ郡のひとつ。朝、お散歩がてら立ち寄ったので、いまひとつ細かいことを覚えていないのだけれど、隣のおじいちゃんが朝からモリモリお肉料理を食べていた・・・気がする。


*****************************************************

どのカフェも似た雰囲気があった。有名で歴史があるが、私のような観光客が必ず少しいるようなお店だったからかもしれない。でもどのお店にも、もちろん常連客がいて、ギャルソンはその方達といつもの挨拶を交わし世間話をしている。

カフェ文化を生んだパリの日常ですな。
[PR]
by tmyradio | 2005-05-21 17:23 | ::Paris '03-'04