Chelsea Flower Show 2004

May 2004

b0046017_17135734.jpg一度は行ってみたいと思っていたChelsea Flower Showに偶然(?)入ることができた。前もって下調べをして行ったわけではないので、入ってからその規模の大きさに驚きつつも、一応ひと通り見て回った。
ご存知の通り、多種多様な花のアレンジメントからガーデニング(日本庭園もあり!)、各メーカーのガーデニング用品(機械)がエリアに分かれて展示されていて、ものすごい人の数だった。
いろいろな人がいて、cafeの2階で階下を眺めながらシャンパンを楽しむ人や、じっくりガーデニング用品を選び、大量の荷物とともに帰途に着く人、「庭師」と背中に書かれたはっぴを着ている日本人もいた(笑)


b0046017_17122012.jpg
b0046017_17155768.jpg

夕方閉園近くになると、会場から直接パーティーへと移動する貴婦人紳士たちの後姿が夕陽に映えてとっても英国らしいと思った。
b0046017_17171011.jpg

[PR]
# by tmyradio | 2005-04-26 17:28 | ::London '03-'04

ESTEBAN

b0046017_0503783.jpg香りつづきで、お気に入りの「ESTEBAN」をご紹介。セラミックが香る“ギャレ”が不思議で素敵。
私の香りは、"Eucalyptus Bleu"。マリン&ウッディ、爽やかな自然が香ります。
カーテンにスプレーしたり、たまにはお香をたいたり・・・ギャレは本棚に置いて、本を取り出す度に香りを楽しんでいます。

近くに自分の好きな香りが作り出せる何かがあるといい。ふと物思いに耽る時、読書をする時、充足して入り込むことができる。

b0046017_193257.jpg



ESTEBAN
[PR]
# by tmyradio | 2005-04-21 01:16 | 物 Others 他

かほりは大事

b0046017_0143943.jpgはじめてパリに行った時に泊まったホテルが最悪で、アメニティもろくに揃ってなかった。で、「MONOPRIX」へシャンプーやらを買いに行った。日本だろうとパリだろうとシャンプーやボディシャンプーを選ぶ時の“香チェック”は欠かせない。いくつもいくつも匂いをかいで、やっと見つけた一本がコレ(バスジェル)。ボトルのデザインもキュートで◎。ロンドン使用分まで買い込み、その後またパリに行く機会があったので、日本使用分も追加購入。とってもお気に入りのシリーズですが、日本で手に入るかどうかは不明。現在残すところシャンプー、バスジェル各1本ずつです・・・

Le Petit Marseillais
[PR]
# by tmyradio | 2005-04-09 00:43 | 物 Others 他

アンジュール

b0046017_22254421.jpg

何年か前の新聞記事(落合恵子さんが絵本を紹介する毎日新聞の「日曜くらぶ」)で「アンジュール-ある犬の物語」(日本版)を見つけた。原書はこのフランス版でしょう。でもこれは絵だけでメッセージを伝える絵本なので、フランス版だろうと、アメリカ版だろうと、どれも中身は一緒なのだけれど。

デッサンを専門的に学んだというバンサンのこの絵本は、筆一本で犬の微妙な動作一つ一つが表現されている、とっても素敵な一冊。

 ”くーん くーん”  聴こえてきそう。
[PR]
# by tmyradio | 2005-03-19 22:49 | 書 Books 籍

やっぱり夢はお花屋さん♪

最近、友人が2人お花屋さんで働き始めた。
1人は、いわゆる街のお花屋さん。
もう1人は、ウェディングのフラワーアレンジメント。
2人とも転職でお花屋さんに!
子供の頃、「大きくなったらお花屋さんになりたい!」って言ってた子、必ずいた気がする。
ここへ来て新たに始める仕事がお花屋さんだなんて、なんだかかっこいいな☆

b0046017_0465353.jpgb0046017_04749.jpg
↑Kensington High St. から入った小道にある小さなお花屋さん。
[PR]
# by tmyradio | 2005-03-14 01:02 | ::London '03-'04

Zebra!!!

b0046017_034429.jpg

さっきCOLDPLAYのDVDをみていたら、ツアーを追っている映像の中にメンバーを乗せた車が緑(芝?)で覆われたtaxiとすれ違うシーンがあり、思い出したこの写真。

おうちへ帰る途中の道で、ふと横を見たら面白い画だったので撮った、のだと思う。
・・・緑つながりかな。
[PR]
# by tmyradio | 2005-03-14 00:42 | ::London '03-'04

世田谷サイクリング♪

February 2005

お天気があまりにも良いので、どこかへ出掛けよう!
とくに目的もなく出発したサイクリング。さて、どこへ行こう???

梅が丘駅付近で、なにやらただならぬ人だかりを発見。
「きっと、羽根木公園で何かやっているに違いない!」と公園へ急ぐ。
b0046017_23211860.jpg
そうか、梅まつりか・・・                  じゃあ梅を見よう♪
b0046017_23281453.jpg
いまひとついい梅写真が撮れなかったのだけれど、きれいな飛行機雲が撮れました。
b0046017_2331110.jpg

b0046017_22551477.jpg← 「ユリの木通り」を通って、世田谷線「山下駅」前に出ました。
”サザエさん”の世田谷線が走っています。ふふふ。↓
b0046017_23565480.jpg

結局、ふと思い立ち自転車を駅に置いて、山下駅から世田谷線に乗ります。
向かった先は、三軒茶屋「キャロットタワー」。ひさしぶりです。
b0046017_23382754.jpg
まっすぐ延びる世田谷線が一望できます。

でも、前にあった背もたれのあるソファがなくなってしまっていて、もうお昼寝はできないのかと、少し残念でした。
[PR]
# by tmyradio | 2005-03-01 00:00 | 東 Tokyo 京

This is Sasek...

b0046017_19421082.jpgb0046017_19421999.jpgMiroslav Sasekの絵本 This is シリーズにはじめて出会ったのは、ロンドンのbookshop。Children's Bookのフロアで、平積みされていたSasekの色鮮やかな絵が目に飛び込んできた。どこの都市もとっても躍動感あふれる絵で紹介されていて、ひと目で好きになりました。
それからしばらくして、仕事でまた再会。
b0046017_19423122.jpgb0046017_1942381.jpg気になって This is について少し調べたところ、私が見かけたのは再版シリーズだったことが判明。
Sasekの絵は今見ても決して色褪せることなく新鮮で、大人向けのイラスト本のよう。その都市ごとの観光名所や服装、建物をSasek独自の視点で紹介していくこのシリーズの虜になってしまいました。
b0046017_19425137.jpgb0046017_19425951.jpgそしてこの2月、新たに 「Ireland」 と 「Venice」 が再版され、現在計6冊に!その他にもまだ再版されていないシリーズが12冊もあります。
(↓はその一部です)

私は秘かに、書店にすべてのシリーズが揃う日を楽しみにしています☆


b0046017_1956212.jpgb0046017_19563957.jpgb0046017_1957713.jpgb0046017_19572643.jpgb0046017_19574696.jpg


■Miroslav Sasek's HP "This is M.Sasek"
[PR]
# by tmyradio | 2005-02-28 20:14 | 書 Books 籍

フランス語

b0046017_22465598.jpg仕事でフランス語を目にすることが多く、本気でフランス語学習(もちろん独学)を始めようかと思っている。手紙やメール、HPが少しでも理解できる程度でいいのだけれど・・・。
私の大学では第二外国語は必修ではなかったので、今に至るまで英語以外の外国語には一度も触れたことがない。

ドイツ語も解れば、デザインや建築関係などいろいろと読める本も広がるのにな・・・と思うけれど、やはりまずはフランス語。

右は、前に見つけてあまりの装丁の素晴らしさに感動した、フランスの百科事典。なんでもこれは2005年special editionらしい。買ってもインテリアになるだけだし、ただ見せてもらっただけですけど・・・。


そうそう、日仏のweb辞典ってないんでしょうか?読めなくて困った時、辞書さえ持っていない私はwebで探そうと何度もトライしたが、いまだ見つけられないでいます:-(

だれか知ってる人いませんか・・・?
[PR]
# by tmyradio | 2005-02-24 23:01 | 書 Books 籍

Battersea Park

November 2003

たしか、帰りに乗ったバスが橋を越えてBattersea Parkへ行くことに気が付きながらも、なんとなく降りるタイミングを逃して、横に座っていた父子の会話を聞いていた。
何について話していたんだっけ・・・
b0046017_2298100.jpg

公園前に降り立ち、

b0046017_2214472.jpg

ひとりで軽く散策し、

b0046017_22111526.jpg

その寒さに凍えながらも、

b0046017_22113522.jpg

夕日に感動して帰ってきたのだった。

[PR]
# by tmyradio | 2005-02-22 22:16 | ::London '03-'04

ひさかたの・・・

ひかりのどけき はるのひに しずごころなく はなのちるらん

随分長い間お休みしていましたが、今日よりぼちぼち再開します。

春が待ち遠しい今日この頃。
梅がきれいに咲いていたのはどこだったのだろう。
2月のはじめに車の中からみたような。
赤堤?

b0046017_21341712.jpg
これは一年前の、きっと今頃  ロンドンだけれど  梅・・・だよね???
b0046017_2136519.jpg

[PR]
# by tmyradio | 2005-02-22 21:40 | 花 Plants 葉

Notting Hill - vol.3

Nottingのわんこ紹介♪♪♪

b0046017_217157.jpg
オーガニックフードのスーパーマーケットFRESH & WILD前でご主人様待ちのところをパチリ!ここの店員さんはみんな親切(だと思う)。わんこにも、ちゃーんとお水をくれる。量り売りのナッツをよくつまみ食いしたな・・・。
b0046017_217328.jpg
これはたしか、「JIGSAW」前だった気がする・・・。ボーイッシュな感じの女性がお店から出てきて自転車に乗る前に、あんまりかわいかったので彼女に断ってパチリ!
このあと、彼女とわんこは颯爽と街の中へ消えていきましたとさ。
[PR]
# by tmyradio | 2004-11-03 21:50 | ::London '03-'04

Notting Hill - vol.2

場所柄、素敵なshopがたくさんあったので、少し紹介。

b0046017_0161424.jpgCoco Ribbon
ここはランジェリー&雑貨のお店。1Fには靴やバッグの他アロマキャンドル、アクセサリーなどが置いてあり、B1はランジェリーや部屋着、帽子などなど。
フランス製多し。

b0046017_0163994.jpg
階段柵に巻きつけて飾っているのは、バタフライ。
色がとってもカラフルで、お部屋に飾るとhappyになりそう♪

b0046017_0293883.jpg■Euforia [clothes]
日本人にも人気のセレクトショップ群の中のひとつ。個人的には特に興味をそそられる服たちには出会えなかったが、ヨーロッパの新人デザイナーものが多かった。店員に日本人♀の方がいて、一度彼女のExhibitionをやっていたが着物をリメイクしたものなど個性的な、和的な作品だった。
[PR]
# by tmyradio | 2004-11-03 01:07 | ::London '03-'04

"こころてん Haruka Yokoi EXHIBITION" - 青樺画廊

October 2004

小学校来の友人の個展へ行った。彼女とは普段そんなに頻繁に会うことも、連絡を取り合うこともないのだが、久しぶりに会っても何のギャップも感じない貴重な間柄だ。
b0046017_945372.jpg
あいまいで不確かだけれど、もしかしたらあらわるかもしれない行ってみたい場所、 こころに浮かぶ形。 私は絵を描く時、出来るだけ心の内へ内へ入っていくように心がけている。 そうすることによって不確かだけれども、もしかしたら現るかもしれない心地のよい 世界が心の中に色や形となってふわっと浮かんでくる。 私はその場所を探すために絵を描く。 その場所を形づくっているものは、風景、心地いい音楽、大好きな匂い、温度、 あるいは想像や夢、これから巡り合うかもしれない何か・・・。
                              Haruka Yokoi

b0046017_946477.jpgb0046017_9463216.jpg

以前にも何度か観に行ったが、振り返ってみるとそれは、彼女の変遷を見ているようだった。その時その時で、使っている色やモチーフが違っていて、それは何かしらの変化が彼女の中で起こっているのかなと、ひとりの友人として漠然と思っていた。
今回の絵たちは、もちろん以前の作品群からの流れも汲みながらも、何かあたらしく、すっきりとした感じがした。自分が絵を描くことについて、上記自身が言うような‘場所’を描いているのだと思う。
b0046017_9472446.jpg
b0046017_2330961.jpg
"こころてん -Haruka Yokoi EXHIBITION-"
  青樺画廊  横井 悠展 - こころてん -
[PR]
# by tmyradio | 2004-10-30 10:29 | 芸 Art 術

"MY FAVOURITE DRESS"

February 2004     @ Fashion and Textile Museum

b0046017_1265576.jpg
ここへは日本から遊びに来た友人が行きたいと言うので、付き合う形で行った。
特に期待はしていなかったのだが、ピンクとオレンジの建物が見えた瞬間からもうワクワクしていた。
b0046017_1274989.jpg
入ってすぐ左側の壁にはデザイナーの名前がたくさん並べられていて、そこを沿う大きな階段には、色とりどりのタイルの破片やビー玉などが埋め込まれていた。全体的にピンクで覆われていてとてもかわいらしく感じたのを覚えている。

b0046017_1281045.jpgExhibitionは世界的な有名デザイナーのイヴニング・ドレスを展示していて、学生らしき人たちが一生懸命スケッチをしていた。決して大きなMuseumではないけれど、独特な雰囲気とExhibitionの内容が、特にfashionに身を置く人や学生などに好まれているようだった。
入口すぐ横にあるshopに置いてある品々も、過去のExhibitionに関するそこでしか買えないようなものが多く充実している。
ちなみに私は、ブックカバーにしようとデザインラッピングペーパーを購入。


MY FAVOURITE DRESS
Fashion and Textile Museum
[PR]
# by tmyradio | 2004-10-27 01:41 | ::London '03-'04

"Vivienne Westwood"

April 2004   @ V&A
b0046017_1726894.jpg
V&Aはロンドンでよく通ったMuseumの中の一つ。
私のお気に入りのエリアは楽器とファッションだ。
楽器は実際に昔使われていた楽器を演奏してくれたり、録音したもの聴くことができる。

b0046017_20212758.jpgb0046017_20214339.jpgb0046017_2021928.jpg

b0046017_20273347.jpg普段、有料のExhibitionには行かない私が、ロンドン滞在中で唯一観たのが、"Vivienne Westwood"だった。(V&Aのメンバーである友人に誘われたという理由はあるが・・・)
それは、たくさんの脚光を浴びたことのあるドレスと独創性のある服・靴・帽子たちの展示会。Exhibitionは二つに分かれていて、一つはドレスたち。もう一つはrock,punk的要素の強い初期の彼女の変遷を見ることが出来る服たち。
個人的には、ドレスエリアにあった映像(過去のファッションショーなど)が一番楽しめた。同じショーの映像を何回も見入ってしまった。その中でも特に、彼女をインタビューしている映像が強烈で、その存在感と語感の力強さに成功者のオーラを感じた。

Vivienne Westwood Exhibition
V&A Museum
[PR]
# by tmyradio | 2004-10-24 20:38 | ::London '03-'04

秋バラ - 砧公園・大蔵運動公園

October 2004

maoと近くの砧公園・大蔵運動公園へお散歩。
b0046017_19564472.jpg
一番近い入り口は西門なのだけれど、そこから入ると「犬・自転車禁止」のファミリーパークへ入ってしまうので少し回り道をして、でも結局芝生のファミリーパークでmaoとしばしまどろむ。しばらくして、運動公園を通り抜けて違う道から帰ろうと公園に入ったら、バラがとってもきれい。そういえば、夏の終わりにサイクリングをした時、バラの花壇があったな・・・と思い出す。
b0046017_19543570.jpg

少し肌寒い秋の朝だったけれど、きれいなバラ見られて良かった。
旧古河庭園や神代植物公園の秋バラもとってもきれいなので、是非また見に行きたい。
[PR]
# by tmyradio | 2004-10-24 14:33 | 東 Tokyo 京

Notting Hill

ノッティング・ヒルに住んでいた。
ケンジントン周辺でフラットを探していたので、貼紙を見つけた時はほぼ即決めした。
とっても住みやすく、静かなエリアだった。
b0046017_2218651.jpg

Notting Hill Gate station
b0046017_22214691.jpg


b0046017_22283264.jpg■近くのパン屋さん

これは土曜日の写真。ポートベローマーケットが開かれる土曜日には、店頭でも販売。
朝、何も食べるものがないと、ここへパンを買いに来ました。オリーブやチーズ、ハムなどもあります。


b0046017_22314245.jpg■「ノッティング・ヒルの恋人」でも登場した本屋さん

旅行書専門店で、日本のガイドブックもたくさんあります。興味深い本がたくさんあったので、よく暇つぶしに立ち寄りしました。
[PR]
# by tmyradio | 2004-10-17 22:35 | ::London '03-'04

"THE WEATHER PROJECT" - TATE Modern

November-March 2004

このExhibitionを知らずに、「TATE Modern」を訪れた。
正面入り口から入館せず、ミレニアム・ブリッジ側から入ってしまった為、すぐに全貌を見ることができなかった。
入ってすぐ見える、かすかなオレンジ色の明かりに吸い込まれるよう、奥へ奥へと進んで行くと、なんとそこには大きな太陽??夕日???
b0046017_15115481.jpg
発電所を改築してつくられたというその大きな館は、ブォーンという変な音を出しながら 巨大な強い光の塊を抱えていた。
ふと下方に目を移してみると、たくさんの人が寝転がったり、ダンスをしたり、座ってくつろいだりしている。みんな思い思いにその空間を楽しんでいるようだった。
しばらく遠目からその物体を眺めた後、
私も寝転がってみた。

b0046017_15134189.jpg

優しいオレンジ色の光


人工的に焚かれたスモーク


変な音 ・ ブォーン


響いて聞こえる話し声


ひんやりと冷たい
コンクリート



不思議な空間




とても気に入って何度も足を運んだが、ある日行ってみたら展示期間が終了していた。。。

b0046017_175531.jpgしばらくしてその場所には巨大な蜘蛛が出現した。
一緒に行った友人はwao!と言っていたが、
私は頭をひねった。 

「コレ見たことある・・・六本木ヒルズで。」


TATE Modern
THE WEATHER PROJECT -Olafur Eliasson
[PR]
# by tmyradio | 2004-10-17 17:07 | ::London '03-'04