タグ:大阪 ( 15 ) タグの人気記事

お盆-お墓参り

August 2009  @大阪

b0046017_21564573.jpgb0046017_21565965.jpg
b0046017_21572099.jpg
[左上]水掛不動がある法善寺横町

[右上]「エビス・スタウト・クリーミートップ」飲んだのは2回目!泡がクリーミー♪

[←左]新世界名物!?『だるま』(行ったことはありませんけど…)

b0046017_21574768.jpg
朝焼け 5:00am 祖母の家から

[PR]
by tmyradio | 2009-08-16 22:24 | 大 Osaka 阪

光の輪

b0046017_22462831.jpg大阪高島屋東別館の輪。
蛍光灯にリボンを巻いただけなのですが、黄白色と紺がとても鮮やかでした。

たまに訪れるこの別館。建物が素敵だし、贅沢な空間使いが落ち着きます。

b0046017_2322581.jpg
[PR]
by tmyradio | 2007-04-04 23:05 | 物 Others 他

プラド美術館展

August 11, 2006 @大阪市立美術館
b0046017_22354597.jpg
大阪でも市立美術館は、なんだか建物がすきです。公園と動物園に囲まれた駅からのアプローチ?も素敵だし、通天閣もすぐそばです。
そんなわけで、(偶然、招待券ももらったことだし)行ってきました、プラド美術館展
夏休み中と言えど、平日のお昼間だったからか、大型の展覧会にしては比較的すいていました。でも私は、駅から美術館までの炎天下にやられてしまい、着いてからも30分程休憩してから観始めました。途中もビデオギャラリーで少しお昼寝をして、またゆっくりと観る…夏バテ絵画鑑賞でした。

b0046017_2236515.jpgb0046017_22361740.jpg
目玉のひとつであろう《アモールと音楽にくつろぐヴィーナス(ヴィーナスとオルガン奏者)》/ティツィアーノは、色鮮やかで華やいだ王朝が描かれていて、しばし立ち止まって隅々まで見入ってしまいました。その他も展覧会全体がそうでしたが、王室の優雅さや寂寥感などが感じられる作品が多かったように思います。

b0046017_235553.jpgb0046017_2351458.jpg
夏の暑い日で、空がとってもきれいでした☆
[PR]
by tmyradio | 2006-08-21 23:08 | 芸 Art 術

司馬遼太郎記念館

June 7, 2006

しばらく更新していなかった間のものを少しずつ。
まずは、「司馬遼太郎記念館」。
b0046017_10495094.jpg
特に著作が好きだからとか、そういう理由ではないのですが、まず設計が安藤さんだということと、住宅街の中にある個人美術館などは好きなので。(「五島美術館」や「ちひろ美術館」も大好きです)
b0046017_10493266.jpg東大阪市・小阪という所にあるこの記念館は、司馬遼太郎さんの自宅と、安藤さんの設計した建物で構成されていて、緑いっぱいのとても落ち着く場所です。入口からのアプローチは、自然が好きだった司馬さん好みの庭が伸びやかに広がり、そこから生前の書斎を見ることができます。
b0046017_10505671.jpgそこから奥へ入っていくと、安藤さんの“ガラスの回廊”が見えてきます。訪れた日は、とてもお天気が良くて、透き通るガラスとまわりの緑が融合している様はとてもみずみずしい感じがしました。
記念館内は撮影禁止なので、残念ながら写真はありませんが、私の見たかった“大書架”は圧巻でした。3フロアの吹抜空間には、約2万冊にも及ぶ、司馬さんの蔵書をもと集められた資料や著作が整然と並んでいます。地下には寛ぐスペースがあり、私はそこで少し書き物をしました。
記念館だから、その人物を知りに行くというよりは、あの場所は、そこで本を読むも良し、何か書き物をするも良し。ひとりで行って、ゆったりとした時間を過ごせる場所だと思います。
b0046017_11134773.jpg
司馬遼太郎記念館

[PR]
by tmyradio | 2006-07-29 11:14 | 大 Osaka 阪

八陣の庭

June 6, 2006
b0046017_021963.jpg
前に重森三玲邸へ行った時、岸和田城の庭園も同氏の作品だと聞いて、いつ行こうかと考えていたら、人と会う用事ができたので、ついでに行ってきました。
平日、昼間のお城は貸切状態でした。
b0046017_024053.jpg
天守閣からの眺め。
諸葛孔明の八陣法をテーマとして、作庭されたそうです。
お城の前にこんな庭園があるのにはびっくりしましたが、ほんとに人が皆無で、私はひとりでゆっくりと堪能してまいりました☆
[PR]
by tmyradio | 2006-06-09 00:08 | 大 Osaka 阪

造幣局の夜桜

April 2006

b0046017_2250673.jpgb0046017_2248389.jpg
水の都      大阪
b0046017_22482190.jpg

[PR]
by tmyradio | 2006-04-16 22:52 | 大 Osaka 阪

住吉散歩

b0046017_23124073.jpg帝塚山からてくてく歩いて、住吉まで来ました。道中の住宅街をキョロキョロしながらののんびり散歩。次の目的は、「白樺」というお好み焼き屋さん。11時頃にお茶をしたので、ここでやっと遅めのランチをいただきました。
お味は、、、私のお好み焼きランキングで堂々の1位になってしましました!とにかく丁寧にじっくり焼いているのに、あの食感は素晴らしいでしょう。

b0046017_2323356.jpgおなかがいっぱいになったところで、住吉大社へお参りです。パン、パン。
b0046017_23233839.jpgその日は、住吉造りの本殿で神前結婚式が執り行われていました。4月、やわらかい陽が射す中、御二人はとっても神々しく見えました。
本殿の裏手にある、御神木の「夫婦楠」。ふたり寄り添って大きく大きく伸びています。

b0046017_23494129.jpgb0046017_23495269.jpg
ほほえましい場に出会い ふわっと幸せな気分に浸ってしまった 土曜日の午後でした☆
b0046017_23515326.jpg

[PR]
by tmyradio | 2006-04-11 23:58 | 大 Osaka 阪

帝塚山散歩

b0046017_1802446.jpg阪堺電車に乗って、お散歩へ出掛けました。

写真は阪堺電車の運転席。ここで立ったり座ったりしながら運転します。少し腰が痛そうでしたが・・・。もちろんワンマンなので、駅に停まったら両替をしたり回数券の販売をしたりと忙しそうです。
b0046017_1864081.jpgb0046017_1865377.jpg「姫松」で降りてまず、POIREでお茶しました。うちの家族はここのプチシューが大好きなのですが、今日はこれからまだ長いので、持ち歩きを断念してかわいいドッグ・チョコをお土産に買いました。
b0046017_18144866.jpgさて次は青い麦でおいしいパンを買います。この真っ赤なドアの奥には焼きたてのパンがたーくさん並んでいるのです!“いちじくのコッペパン”や“バナナのクロワッサン”など、欲張っていくつも買ってしまいました。(これは持ち歩いても平気ですから・・・笑)

b0046017_18251452.jpg

                                                                








そしてここからしばらく歩くと、ちょうど桜が見頃の「万代池公園」があります。
b0046017_1836857.jpg
ソメイヨシノ × シダレザクラ

b0046017_19503729.jpgクローバーとレモンイエローのお花がかわいらしかったので、道端にしゃがんでパチリ。

この辺りは住宅街なのでのんびりとしていて、その中にチンチン電車が走っています。お花屋さんや小さなビストロなんかも結構あったりして、住み良さそうな街だなぁと思いました。




次はこの続きの住吉散歩です→


            
[PR]
by tmyradio | 2006-04-09 18:41 | 大 Osaka 阪

プーシキン美術館展

April 2006 @国立国際美術館≪NMAO≫
b0046017_23354496.jpg
またギリギリでしたが、プーシキン美術館展へ行ってきました。
国立国際美術館へは、一度も行ったことがなかったのでゆっくり見たいなと思っていたところに、プーシキンが来ていたので朝からはりきって出掛けました。建物はまだ新しく、地上入口はガラスで覆われていて、中へ入ると温室みたいでした。

b0046017_23355948.jpg
モスクワのプーシキン美術館所蔵の「シチューキン・モロゾフ・コレクション」が今回の展示作品です。マティスやピカソをいち早く見出す先見性を持ったと言われるシチューキンとモロゾフの珠玉のコレクションはとても見応えのある展覧会でした。

常設展「Collection 4」では、日本人アーティストのものが多かったようですが、広いスペースに比較的大きな作品が点在していたので、展覧会の混雑から開放されのびのびと見て回れました。
またゆっくり時間がある時に、カフェやレストランなど行ってみたいなと思います☆
[PR]
by tmyradio | 2006-04-02 23:27 | 芸 Art 術

北浜レトロ

b0046017_2247149.jpgb0046017_22471551.jpg
登録文化財に指定されている「北浜レトロビルヂング」内の英国風ティールーム。1Fは紅茶の葉やティーグッズなどが売られていて、その一角にキッチンがあります。2Fへ上がると、テーブルと椅子のセットや額や置物、すべてが英国×大正ロマンといったかんじ。

驚きなのが、ランチのサンドウィッチ・プレート!ポット・ティー&サンドウィッチ&デザートのセットなのですが、何が驚きって、そのボリューム。まず、紅茶がポットでサーブされ、それをなみなみと注いで飲んでいると、食パンを3枚重ねたサンドが2セット、1/4の三角にカットされて大きなプレートで出てきます。その時点で、あんぐり、、、絶対ムリ!と思いながら、果敢に挑む私に、ダメ押しのパウンドケーキ2切れ(デザート)。。。おいしい紅茶をほぼ全部飲んでしまったせいか、食事は半分しか手を付けられませんでした(泣)。

お支払いの時に、「あれは、一人前ですか・・・?」と恐る恐る訊くと、絶対完食できないであろうウェイトレスの方からは、「・・・はい。」という力無い返事が返ってきました。

お茶を飲むなら、たっぷりポットサービスで最高ですが、ランチは食べ物がもったいないので今度は2人以上でオーダーします(笑)
[PR]
by tmyradio | 2006-03-22 23:52 | 大 Osaka 阪