タグ:安藤忠雄 ( 4 ) タグの人気記事

TIME'S

June 20, 2006

国立近代美術館の帰り、バスを途中下車してTIME'Sへ寄ってみました。
b0046017_210399.jpg
安藤さん設計の商業施設なのですが、敷地は奥行き長く、かなり複雑な造りになっています。テナントはちらほら空きもあったので、商業用としては難しいのでしょうか。川のほとりに縦長く建っていて、開放感があると思うのですが、光が入りにくい造りなのか(‘あえて’でしょうか?)、全体的に暗いです。比較的人が入っていたのは、半地下(になるのかな?)のレストランぐらいでした。

b0046017_21314215.jpgb0046017_21315337.jpg
四条通りから高瀬川沿いを、ふらふら、そよそよと歩いて、三条通りに面する細長い建物に着きました。その日は、初夏の夕暮れ時で、日差しは強かったですが、少し涼しい風もあって、木屋町・先斗町辺りの町っぽさや、高瀬川の静かな流れが、とても心地良かったです。

■TIME'S
 京都府京都市中京区木屋町三条西南角
[PR]
by tmyradio | 2006-08-04 21:51 | 京 Kyoto 都

司馬遼太郎記念館

June 7, 2006

しばらく更新していなかった間のものを少しずつ。
まずは、「司馬遼太郎記念館」。
b0046017_10495094.jpg
特に著作が好きだからとか、そういう理由ではないのですが、まず設計が安藤さんだということと、住宅街の中にある個人美術館などは好きなので。(「五島美術館」や「ちひろ美術館」も大好きです)
b0046017_10493266.jpg東大阪市・小阪という所にあるこの記念館は、司馬遼太郎さんの自宅と、安藤さんの設計した建物で構成されていて、緑いっぱいのとても落ち着く場所です。入口からのアプローチは、自然が好きだった司馬さん好みの庭が伸びやかに広がり、そこから生前の書斎を見ることができます。
b0046017_10505671.jpgそこから奥へ入っていくと、安藤さんの“ガラスの回廊”が見えてきます。訪れた日は、とてもお天気が良くて、透き通るガラスとまわりの緑が融合している様はとてもみずみずしい感じがしました。
記念館内は撮影禁止なので、残念ながら写真はありませんが、私の見たかった“大書架”は圧巻でした。3フロアの吹抜空間には、約2万冊にも及ぶ、司馬さんの蔵書をもと集められた資料や著作が整然と並んでいます。地下には寛ぐスペースがあり、私はそこで少し書き物をしました。
記念館だから、その人物を知りに行くというよりは、あの場所は、そこで本を読むも良し、何か書き物をするも良し。ひとりで行って、ゆったりとした時間を過ごせる場所だと思います。
b0046017_11134773.jpg
司馬遼太郎記念館

[PR]
by tmyradio | 2006-07-29 11:14 | 大 Osaka 阪

淡路夢舞台

May 21, 2006
b0046017_2123930.jpg

b0046017_21311628.jpg淡路島、安藤忠雄の「淡路夢舞台」(と隣接している「国営明石海峡公園」)へ行ってきました。国営公園と比べると、夢舞台はかなり楽しめます。途中休憩しながら全て見てまわりましたが、全体から安藤さんの作品だと感じられる場所です。

花と水とコンクリート。
百段苑は、お花がかなり寂しい状態でしたが、端から端へと移って眺めると、どうやってこんなものを設計したのかと、首をひねってしまいます。すごいですねぇ。

帰りは、淡路島をぐるりとまわって西側へ。
海へ沈む夕日がとても美しかったです。
[PR]
by tmyradio | 2006-06-06 21:49 | 旅 travel 行

兵庫県立美術館

「オランダ絵画の黄金時代-アムステルダム国立美術館展-」へ行ってきました。
サブタイトルは“神戸着。フェルメールからの恋文(ラブレター)”
b0046017_23454862.jpg
シンプルな美術館。曇り空だったけれど、館内は上手く光が入って自然と清潔感のある明るさが保たれている。b0046017_2354089.jpgb0046017_23541454.jpgb0046017_23542843.jpg

b0046017_23554746.jpgb0046017_23585682.jpgb0046017_2359688.jpg







                  寒空の下、休日の割にはそれ程の混雑はなく、ゆっくりと観ることができました。
フェルメールは最後の最後に一枚だけでしたが、レンブラントの初期の自画像、銀細工やタイルなどがとっても興味深かったです◎

兵庫県立美術館
[PR]
by tmyradio | 2005-12-19 00:31 | 芸 Art 術